年々増えてきている婚活擁護論

婚活が世間に認められ、流行し出した背景にはどういったことがあったのでしょうか。 日本の晩婚化の傾向は年々進んでおり、結婚の平均年齢は女性が27.4歳、男性が29.3歳となっているそうです。

今後もさらに晩婚化の進展は確実視されており、この傾向は少子化に拍車をかけることになると言われています。 夫婦の年齢差も縮小してきていますが、男性と女性では相手に望む年齢が異なっており、弾性が若い女性を好むのに対して女性は少し年齢が上の男性を好む傾向があるそうです。

こうした社会的なミスマッチの原因の一つが、労働時間の増加と、地域社会における出会いの機会が減少だと言われています。 そのため、積極的に結婚活動を支援していかなければこの状況を抜け出すことができず、社会として見ても、個人として見ても悪影響を被ってしまうので、婚活に期待が寄せられているのです。

婚活を擁護し、支援する活動が今は地方自治体でも行なわれています。 こうした傾向が続いて、幸せな出会いと結婚が増えていくと良いですね。

Copyright© 2010 ブームになっている婚活の特徴と傾向を知ろう All Rights Reserved.